入所支援(は~ぁと・ほーむ)

┃入所施設概要

あおくん・そらちゃん 主に知的障害を対象とする障害児入所施設(福祉型)として、川崎市中央療育センター内に入所棟ができ、平成25年4月1日より運営を開始しました。
様々な事情により在宅で生活するのが難しい障害児が入所する施設入所支援と、在宅生活をしながら利用できる短期入所、日中一時支援があります。入所棟は、性別、年齢別に4ユニットに分かれています。

■事業内容・定員

施設入所支援 50名
短期入所・日中一時支援 10名/日

■ユニットの構成(入所50名+短期入所10名)

Aユニット (小学高学年以上男子)…1人部屋7室+2人部屋4室
Bユニット (小学高学年以上男子)…1人部屋15室
Cユニット (C1:小学生以下男子)…1人部屋7室、2人部屋4室
(C2:小学生以下女子)…同上
Dユニット (小学高学年以上女子)…1人部屋15室
 ※短期入所利用者も対象年齢と性別にあったユニットの利用となります。

┃日中一時支援・短期入所について

■対象となる方

  • 18歳(高校3年生)以下で、主に知的な発達に不安のある方
  • 川崎市内にお住いの方
 ※区役所で「受給者証」を発行してもらう必要があります。

■日中一時支援・短期入所(定員10名/日)

  • 日中一時支援については、家族の通院・買い物・学校行事への参加などを目的とした障害児の一時的なケアを行います。
  • 短期入所については、家族の冠婚葬祭、入院、出産、レスパイトなどを目的とした障害児の夜間ケア(宿泊)を行います。

┃入所活動報告(平成28年)

■年間行事

4月 お花見
年度始まって最初の行事です。OB、OGも含めた入所児全員で、満開の桜の下、賑やかにお弁当を食べます。
5月 タクシードライブ
川崎個人タクシー協同組合の運転手さんのボランティアで、入所児全員タクシーで遠足に行く昭和54年から毎年続いている行事です。
7.8月 夏のユニット宿泊
ユニット宿泊は、法人の保養所へ1泊2日の旅行へ出かけます。
夏祭り
入所棟内で出店を出したり、各ユニットで出し物をしたり、賑やかに過ごします。
10月 は~ぁとまつり
通所と合同で出店したり、ステージで出し物をします。
11月 芸術祭
今年はハロウィンと合同で、仮装をしてユニットごとの出し物をします。
12月 クリスマス会
ツリーを飾って、皆でレクリエーションをして聖夜を楽しみます。
1月 餅つき大会
皆でお餅をついて、新年を祝います。
2.3月 冬のユニット外出
ユニットごとで小旅行に出かけます。
節分祭
職員が仮装した鬼に皆で豆を投げて、楽しみながら厄払いします。